既婚男性 心理 好意

既婚男性の好意の心理

スポンサーリンク

結婚していても、結婚していなくても人を好きになるのは自然なことです。
心の中でいつでも誰かのことを好きになるのは非常に素敵なことであり、日々の活力になるのは紛れもない事実です。
しかしそれを態度や行動に出してしまってはいけないことがあります。
とくに既婚者が自分が既婚者であることを隠して、思わせぶりな態度を取ったり、好意の態度をとるのは良くないことだと言えます。
しかし既婚男性の中には、自分が結婚していることを偽り、女性に好意の態度を取って思わせぶりなことをする人がいます。
女性は既婚者男性のこうした態度や心理をよく見極めて警戒しなければいけません。
こうした心理を見抜けずに、知らないうちに騙されて想定外の恋愛に走ってしまっている女性も少なくありません。
既婚男性の好意の心理を見抜くことは、それほど難しいことではありません。

スポンサーリンク

既婚男性が妻以外の女性にアプローチする最大の目的は、少しつまみ食いや火遊びをしたいといった目的がほとんどです。
そのため自分を偽ってでも女性を騙し、恋愛に発展させようとします。
そして所詮遊び相手の女性としてしか見ていないので、大きな嘘も平気で女性につき、自分を非常に良い人だと見せようと演出します。
自分は年収が一千万円以上あり、社会的ステイタスもあり、高級外車を乗り回している独身者であると近づいてくる男性には警戒しなければいけません。
こうした男性の心理には、女性が飛びつきそうな条件を餌にして、引っかかってくる女性をターゲットにしようと巧みに戦略を練っており、不特定多数の女性に同じような嘘をついています。
また付き合ってもいないのに、肩や背中など頻繁にスキンシップしてきては、夜の誘いをする既婚男性にも要注意です。
その男性心理には下心しかありません。

スポンサーリンク