好意を持たれる夢 意味

好意を持たれる夢の意味

スポンサーリンク

夢の中の出来事などは、潜在意識が関与している可能性があります。
自分が普段感じている事が、夢に繋がる場合があります。
好意を持たれる夢の場合、その意味としては、かなり自分の中で相手に対する気持ちが高まっている状態であるといえます。
自分の好意をもった感情から、両思いになる願望が生じています。
願望が夢に繋がったケースでもあります。
まずは、自分からの好意がある気持ちが存在している事が前提になっています。
あるいは、予知夢として、好意を持たれる夢を見た可能性もあります。
将来起こるであろう事柄に対して、自分でも体のどこかでそれを感じており、夢で察知している状況です。
割と早い内に夢が実現化する可能性もありますが、場合によっては、1年後などに事実化していく事もあります。
意味としては、予知としての事柄発生ですので、夢の中の同じ人物からの告白が発生するケースなどが考えられます。
夢に出てきた人物とは、全く違う人と接触する可能性などもあります。

スポンサーリンク

好意を持たれる夢の意味を探る場合、現実の世界との関連を読む事もできます。
例えば、現実の世界で、簡単な内容であっても、自分が人に何かをしてあげたというケースもあります。
偶然の出会いの中で行った行動、あるいは面識のある人に対して行った事象などの場合もあります。
その時に自分が行った事は、自然に出た親切心などの場面も存在します。
カギとなるのは、自分では意識しない行動でも、その場面、人への印象が残ってしまっている場合です。
現実に接した人がお年寄りの場合などでも、印象が強く残る、心配な気持ちが残っている場合などがあります。
その意識が、好意を持たれる夢に繋がっている事があるのです。
この場合は、自分の中で、親切をした行動について、心の内で温かい感情として芽生えているという意味になっています。
心に充足感が出ている状態です。
精神的な充実感を表していますが、特に恋愛と関連する可能性が高いとはいえません。
現実の行動と自分の内面が結び付いたものでもあります。

スポンサーリンク