好き避け 嫉妬 女性

女性の好き避けと嫉妬の関係

スポンサーリンク

近年では好き避けと言う言葉が一般的に使われるようになっています。
具体的には相手の事が好きなのに、あえて冷たい態度を取ってしまう行動を指しています。
この好き避けの行動は女性に多く見られ、男性を混乱させる原因にもなる事があります。
と言うのも本当に嫌われている場合との見分けが非常に難しいからになります。
基本的に好きという感情を悟られないようにする為に行われますので、本当に嫌いな相手に見せる行動と酷似しています。
しかしポイントを押さえる事で、ある程度は好き避けかそうでないかを判断する事が可能になります。
そして、そのポイントは嫉妬になります。
一般的に女性は嫉妬しやすいとされています。
それは好き避けする女性にも同じ事が当てはまりますので、わざと相手が嫉妬するような行動を取ることで判断します。
しかし、これはやや危険な一面が存在します。
あまり度を越してしまうと、好意を持たれていても嫌われてしまう可能性が高くなります。

スポンサーリンク

例えば目の前で他の女性に話かけたり、ボディタッチをする事で反応を探ることが可能になります。
この場合、反応としては3種類挙げられます。
まずは好き避けされていない場合には、何の反応も見られません。
これは当たり前と言えば当たり前の反応で、何とも思っていない相手が誰と親密になろうが関係ないと言う事になります。
一方好き避けされている場合には、優しくなるケースと一層冷たくなるケースがあります。
気持ちを知られてしまう事よりも嫉妬心が勝った場合には、必要以上にベタベタされる事があります。
これはどちらかと言えば多数派の行動になります。
好きな人を取られるくらいなら気持ちがバレる方が良いと考えた結果の行動になります。
なおこの行動が見られた場合には、避けられることは少なくなります。
そして一層冷たくなる場合は、やや危険な状態になっています。
嫉妬のあまり行動に歯止めが効かなくなっている可能性がありますので、適切な対応が要求されます。

スポンサーリンク