好き避け 男性 視線 特徴

好き避けする男性の視線の特徴

スポンサーリンク

好き避けをする男性は、視線の動きにも一定の特徴があります。
一般的に男性は、女性に比べて動いているものを捉える力に優れています。
このような能力は動体視力とも呼ばれており、スポーツ選手やドライバーなどには必須です。
従って、お目当ての女性をかなり遠方からでも見つけることが出来ます。
女性がかなり近づいてから相手に気づくのに対し、男性は一足早く女性に視線を向けることが可能なのです。
このようなタイムラグは、時に誤解を生じさせる元になります。
女性が男性に気づいた時には既に相手は視線を逸らした後なので、2人の視線は完全に離れてしまいます。
好き避けをする男性の場合には、相手に自分の気持ちが悟られないよう、その後の表情も努めて無愛想に装うのが常です。
こういった態度を目にすると、女性は完全に無視されているような気持ちになります。
無関心な様子から脈がないと認識してしまうことが多く、時に恋の進展を妨げてしまうのが問題です。

スポンサーリンク

視線による男性の好意のサインを見逃さないためには、女性側もある程度注意力を持つ必要があります。
例えば動体視力を鍛えるのも一つの方法です。
相手と同スピードで存在に気づくことが出来れば、アイコンタクトを取る機会が得られます。
どのような態度で自分を見ているのかがこういった場合のチェックポイントです。
好意を感じている時の視線には少なからず特徴があることから、女性は見逃さないように気を配るのがベストと言えます。
普段コミュニケーションが取れない相手の場合には、このような目の動きで好意を判断する以外方法がないことがあります。
ですので、恋のチャンスを逃さないためにはかなり気をつけて特徴を観察することが大切です。
目には感情がそのまま現れることが多く、本音を知る上では大きな参考材料となります。
人間の基本的な能力である視覚と背景にある心理を正確に押さえることが、恋愛を始めとする人間関係に上手に対処していくためのコツです。

スポンサーリンク