好き避け 男性 特徴 メール

好き避け男性がするメールの特徴

スポンサーリンク

ある異性に好意を寄せているからこそ、上手く話すことが出来なかったら嫌われてしまうのではないかなどといった気持ちから避けてしまうのが、好き避けです。
男性が好き避けをするときには、これだけではなく、仕事を第一優先にしているがために、女性との恋愛関係を仕事まで持ち込みたくない気持ちからの行動であることもあります。
好き避けがとても厄介なのは、相手の女性にはその男性に自分は嫌われているのかもしれない、という気持ちにさせてしまうということです。
実際に、嫌いだから避けている場合でも似たような行動を人はしますので、余計に分かりづらいというわけです。
そこでここでは、好き避けをしている男性の見分け方として、メールのやりとりの特徴を見ていきます。
同じような態度に見えても、本心では好意を抱いている女性であるならば、必ずメールの書き方にある共通の特徴が見られることが多いからです。
現代では当たり前のようにメールを多くの人が利用していますので、知っておくと参考にできます。

スポンサーリンク

メールからその男性に自分は好かれているのかどうかを判断したい場合には、まず自分から質問文で相手にメールを送ってみましょう。
質問文といっても、何か小難しい話題ではなく、普段の日常のことを話題にしてみます。
もしも、相手の男性があなたのことを良く思っていないのであれば、質問されても返事をそもそもしないか、しても完結文で返信されて終わることになるでしょう。
つまり、例えば、メールで最近話題になった映画を見に行ったかどうかを聞いている文を作成し送信します。
そこで、まず返信が返ってくるかどうかを見ます。
返信がきたら次に内容を確認し、好意的であるか、もしくはハテナマークがついている文章であるかをみます。
どのような内容であれ、ハテナマークをつけるということは、相手からの返信を期待しているということの表れです。
嫌いであれば、返信されてしまうような文章をわざわざ送るなんてことはしないです。
つまり、相手はあなたとのやりとりを希望しているということです。

スポンサーリンク