好き避け 後悔 女性

好き避けする女性が後悔しないためには

スポンサーリンク

自分が好意を持っている相手を前にすると緊張して話せなくなってしまったり、接触する事を避けてしまう事を好き避けと一般的には呼んでいます。
最近の若者に多く見られ、男性にもいらっしゃいますが主に女性に多く見られる行動になります。
ただこの好き避けと言う行動は、続ける事で大きな後悔をする事があります。
と言うのも基本的に本当に嫌いな相手に対しての行動とほとんど同じものに感じられることが理由になります。
自分の事を嫌っている人に対して好意を持つ方はほとんどいないので、交際に発展する可能性はゼロに近いと言えますし、交際に発展しないだけならまだしも嫌われてしまう可能性も十分にあります。
また、そうなってしまうと思わぬ不利益を被る可能性もあります。
なのでその後悔をしないためにも、好き避けする女性は適切な対応をする事が求められます。
その対応の最たるものは勇気を出す事で、自分の気持ちをキチンと相手に伝える事が重要なポイントになるとされています。

スポンサーリンク

勇気を出すと言っても簡単にはできません。
そもそも簡単にできるのであれば、最初から好き避けと言う行動を取ることは無いと言えます。
なので、まずは周りの協力を得ることが大きなポイントになります。
友人に協力してもらい、気になる男性と複数人で食事をしたり遊びに行ったりする事が第一歩となります。
基本的に好き避けは緊張状態が原因になっていますので、会う回数を重ねていく事で自然に緊張する度合いは低くなっていきます。
また複数人でいる事でそれとなく会話する事も可能になりますし、話題に困ることも少なくなります。
ただし最終的には自分から思いを伝える必要がありますので、この方法はただ緊張を解すための方法になります。
会話の回数を増やして緊張の度合いを和らげ、ある程度自然に話せるようになったあたりで告白をする事ができれば交際に発展する可能性は高くなると言えます。
なお複数人で会う時にも避けてしまう事は逆効果になりますので、注意が必要になります。

スポンサーリンク