好き避け 飲み会 女性

飲み会の場で見られる女性の好き避け

スポンサーリンク

会社やサークルなどの飲み会で気分が盛り上がり、好きな女性にアプローチしてみたものの素っ気ない態度を取られて気分が落ち込んでしまう男性は多いです。
自分の話し掛け方が悪かったのではないか、何か相手の気に障る発言をしてしまったのではないかと不安になり、それが原因でその後気になる異性にアプローチしづらくなるといった事態は避けなければなりません。
しかし自分のそんな不安とは裏腹に、実は相手が自分に好意があるとしたら、今までの考えを再び変えなければなりません。
実はあの時素っ気ない態度をされたけど、飲み会の後ではいつも以上に優しく接してくれたなど思い当たる節があるようであれば、それはいわゆる好き避けである可能性が高いです。
一般的に男性の好き避けは分かりやすいので見分けがつきやすいですが、女性の場合は本心を隠すのが非常に上手なので、相手の気持ちを察するのは至難の業です。
しかし見分けをつけるポイントは存在します。

スポンサーリンク

まず一つは、飲み会で目が会う回数に注目することです。
楽しい宴会の席の場で他の大勢の人がいる中で、明らかに自分に対して目線を向けて来る回数が多い場合は、自分に気がある可能性は非常に高いです。
それなのにこちらから話しかけると途端に素っ気ない態度をして目をそらすという行動に出た場合は、高い確率で好き避けと言えます。
このような場合は、後日二人きりで食事に誘ってみると相手の本心が聴きやすくなるので、ぜひ試してみることをお勧めします。
二つ目は、自分の話題を持ちかける回数です。
他の人と楽しく会話をしているときに、なぜか急に自分の話題をし始め、注目を集めようとする場合は、意図して相手を振り向かせようとする心理が裏で働いており、結果として飲み会のような大人数の場所でも常に自分に近い場所でコミュニケーションが取れるような状況を作り出していることが多いのです。
このように女性の好き避けは非常に見分けが難しいですが、まずは上記のポイントをおさえてみましょう。

スポンサーリンク