好き避け 告白 女性 秘訣

好き避けしてしまう女性必見、告白の秘訣

スポンサーリンク

「好き避け」という言葉をご存知でしょうか。
好き避けとは、読んで字の如く、「好きなのに、相手を避けてしまう」という行動の事を指します。
その背景として「自分の気持ちを知られてしまうのが恥ずかしい」という心理が働いています。
「好き」という気持ちを相手に悟られないため、逆に冷たくしたり、そっけなくしたりして、「自分のことが嫌いなのかな」と思われるような態度をとってしまいます。
しかし、そんなあまのじゃくな自分が嫌、本当は素直な気持ちで、相手に優しく接したい、と悩む女性は数多くいます。
恋愛を成就させるためには、「告白」をしなければなりません。
自分の想いを相手に伝え、知ってもらうことから、恋愛は始まります。
告白をしなければ、何も変わらないまま時間だけが過ぎ去っていってしまいます。
でもどうしても素直に好きと言えない、好き避けしてしまう、という場合、どのようにすれば良いのでしょうか。
実は、それには秘訣が存在します。

スポンサーリンク

その秘訣とは、「ギャップを見せる」ということを、意識することです。
人間は、相手の新たな一面、見たことがなかった一面などを知ることで、相手に興味が湧きます。
たとえばいつもはあまり笑わない女性が、ふとした時にニコっと笑顔を見せると、普段笑顔をあまり見ないだけに、相手は「ドキッ」とします。
そのように、例えばいつも目が合うとそらしてしまう、という人は、目が合った時に思い切ってずっと見つめてみたり、また、いつも憎まれ口ばかり叩いてしまう、という人は、急に相手をほめてみたりします。
そうすると、相手はいつもと違う「ギャップ」を感じ、ドキっとする可能性が高まります。
ドキっとさせることが出来たら、「本当はこの人は自分の事が好きなのかな」と思わせることが出来、自分の気持ちを知ってもらう良いキッカケとなります。
そうすると、その後の告白も、スムーズに行うことが出来ます。
いきなり好き、と伝えるより、徐々にドキっとさせていった方が、相手も心の準備が出来、成就する可能性も高まります。
素直になれない人は、すぐに行動を変える必要はありません。
何回かに一度だけ、「ギャップを見せる」を意識して、勇気を出して普段と違う行動をとってみましょう。
良い結果に結びつく可能性がぐっとあがります。

スポンサーリンク