好き避け 男性 無視 方法

好き避けをする男性の無視の方法

スポンサーリンク

好きな相手であるにも関わらず、気持ちに反して無関心な態度を取ってしまうことを好き避けと最近では言うようになっています。
最近では、この好き避けという行動パターンをする人がいるということが少しずつ認知されるようになってきたために、「この人は本当は自分のことを好きに違いない」と本当に苦手な人だから避けている場合でも勘違いをする人が増えてきたために、誤解を生んでしまう場面も見られるようになってきています。
このような一見したら、実際にどう思っているのかが非常に分かりづらい態度を正しく認識するためには、好き避けをしているのが男性である場合には、その男性の無視の仕方に着目してみると良いでしょう。
好き避けをしているだけの男性である場合、無視をすると言っても、相手はちょっと不思議に思うような方法で無視をします。
それは、話相手と目を合わせないように、あたかも気づいていなかったような曖昧な感じで行われるからです。

スポンサーリンク

もしも嫌いな相手に話しかけられたら、相手に嫌われても良いと思っているわけですから、明確にはっきりと視線をそらし無視をすることでしょう(ただし、仕事上の場合は必ずしもそうとは限りませんが)。
しかし、好き避けというのは本当はその人のことを好意的に思っているけれども、恥ずかしかったりなどの理由から普段は避けているだけです。
そこで無視をすると言っても、相手に嫌われないように曖昧な雰囲気でするのです。
そのため、話しかけたほうも「あれ、気づかなかったのかな」と必ずしも避けられたとは思い切れない状態になります。
このように曖昧な感じで毎回なんとなく無視されているような避けられているような感じがある、特定の男性に話しかける時にだけ起こるのであれば、それは嫌われているわけではなく、あなたのことを好きだからこそ、どのように話したらいいのか分からず、そのような行動を取っているだけの可能性がとても高いですので覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク