既婚男性 好意 態度 サイン

既婚男性の好意がわかる態度やサイン

スポンサーリンク

男性がよりよい出会いを求めてしまうのは、もはや自然の摂理とも言えますが、既婚男性でもその傾向は顕著に現れます。
むしろ、結婚後に感じる理想とのズレが妻以外の女性の方へと癒しを求めさせてしまったりすることはザラです。
既婚女性からするとたまったことではありませんが、その態度やサインを知っておけは旦那さんの心変わりを事前に察知しておくことができます。
既婚男性が他の女性に好意を抱くには、まず幾つかの条件が存在します。
一つ目は子供が生まれたりして、着飾ったりオシャレしたりすることを忘れてしまった妻より、目移りした相手が美しく魅力的だった。
当然、その相手とぜひお近づきになりたいと行動に出るのが男性心理です。
普段接点があまり無いのに食事に誘われたり、仕事場で話しかけられる回数が増えたりしたら、それはさりげない好意のサインです。
女性に好意を向けるのに慣れている既婚男性は中々はっきりと態度に出しません。
ほんの少しのサインや仕草で女性の目にとまるようにするのです。

スポンサーリンク

既婚男性の好意を抱く条件の二つ目は、性格や価値観の一致です。
妻と価値観のズレで悩んでおり、口論が絶えない男性は逃げ場所を求めるもので、そこに自分の気持ちをわかってくれる人間が現れると思った以上にあっさりとコロッとなびいてしまうのです。
一回食事に誘われて、その日の内に次の約束が出たなら好意を持たれていると考えていいでしょう。
そして、既婚男性は祝日や休日は家族と過ごす場合が多い為、会うとしたら仕事後か平日にする必要が出てきます。
何度もお誘いがあって、ずっとそれが平日だったり、夜間だったりする場合は既に家庭があるかもと疑う必要があるでしょう。
先述したとおり、既婚男性は今の自分の身近にないものへと好意を抱きやすいです。
もし、あなたが目に止められたら、それは家庭のある方からも自分が魅力的に見られているという証拠です。
ですが、相手が既婚男性の場合、もしも交際するようになり、その仲が会社の人に知られるようになると、退職に追われたり、何年も時間を無駄に過ごしてしまうことになりがちです。
そういう不本意な結果を招かないためにも、既婚男性とは距離を置くように気を付ける事が大切です。

スポンサーリンク