職場 好意 伝え方

職場での好意の伝え方

スポンサーリンク

特に何とも思ってなかった相手でも、向こうが自分に好意をもっているようだと知ると急に気になってきて、徐々に好きになるというのはよくあることです。
そのため、好意をさりげなく伝えるというのは一つの恋愛テクニックともいえます。
社会人の場合、職場は最も長い時間すごす場所のため、恋が生まれやすい場所です。
ですが、仕事をする場所でプライベートなことである恋愛を持ち込むことというのは、上手に進めないと周囲に迷惑をかけたり、ひんしゅくを買ったりするおそれがあります。
仕事に支障をきたさないような上手な伝え方をするように心がけなければなりません。
伝え方のポイントは、少しずつ何度も行うことです。
はじめからたくさんコミュニケーションを取ろうとはしなくてもいいので、顔を合わせるたびに挨拶をしたり、笑顔を投げかけるように意識します。
感じのいい人と思ってもらうのが第一です。
もちろん、気になる相手だけではなく、他の人にも挨拶などは心がけましょう。
気になる相手には意識して笑顔を向けるようにすれば最初は十分です。

スポンサーリンク

その後、二人きりになる機会があれば、少し勇気を出して話しかけてみるといいでしょう。
話題は何でもかまいませんが、相手が日頃頑張っていることに対してのねぎらいや感謝、尊敬の気持ちなどを伝えるのがおすすめです。
好意的に接してくれる相手を嫌に思う人はいないからです。
あざとい感じやわざとらしい感じがでないように気をつけましょう。
また、盛り上がっても誰かの悪口などもNGです。
相手がそのような話題をふってきたら、否定はしなくてもいいですが、調子に乗ってペラペラと悪口を連ねるのは悪印象になる可能性があるので注意が必要です。
もしなかなか二人きりで話す機会がなかったり、会っても緊張して話せないときは共通の友人に協力を頼むのも一つの手です。
職場というデリケートな場のため、口の堅い友人を選びましょう。
友人を介して話す場を設けたり、飲み会などをセッティングしてもらえるとその後の展開がしやすくなります。
どのような形でも、何度もさりげなく好意を示す笑顔や言葉をかけることで相手も気持ちに気づきやすくなります。

スポンサーリンク