好き避け ごめん避け メール 特徴

好き避けとごめん避けのメールの特徴

スポンサーリンク

好き避けとは、本当は好きな相手に対してわざと冷たい態度をとってしまう事を言います。
この理由としては様々な要因が挙げられますが、例えば恋愛に不慣れであるために、好きな異性にどう接して良いかがわからない場合があります。
また、過去の恋愛に対するトラウマのために、心が傷つきたくないから好きな相手に対して冷たい態度をしてしまうケースがあります。
他方で、ごめん避けというのは、本当に相手の事が恋愛対象外のために避ける事を言います。
そして好き避けをしている場合において、相手に送信するメールの特徴としては、冷たい態度をしていても、必ず相手にメールを返信することが特徴として挙げられます。
これは本当は相手に対して恋愛感情があるために、返信をしない事によって相手から嫌われるのを避けたいという心理が働いていると推測されます。
他方で、ごめん避けの場合は、相手からメールを貰っても、返信をしないケースが多くなります。
これは相手に恋愛感情がないために、相手から嫌われても関係ないという心理が働いていると推測されます。

スポンサーリンク

好き避けとは、本心では好きな相手に対して無視をしたり、冷たい態度をとってしまう事をいいますが、この場合、メールで好きな相手がデートに誘ってきた場合は、最初は難色を示しますが、相手の熱意に押されてデートを了承する事が多いです。
またデートを断る場合であっても、次に空いている予定に対してデートの了承をしてくれる場合があります。
他方で、ごめん避けの場合は相手に対する恋愛感情がないために、相手がメールでデートに誘ってきたとしても無視をするか、完全に断る態度を取ることが多いと言えます。
この理由は、好きでもない相手とデートに行く時間の余裕がないという理由が挙げられます。
そのため返信の文面が非常に簡素であったり、人によっては恋愛感情がないという事をキッパリと文面に示す場合もあります。
好き避けの人の場合について、本心では相手の事を嫌いではないために、返信をするメールの文面では恋愛感情がないことを示す事はありません。
どことなく相手に好意があるような雰囲気をメールの文面に漂わせるのが特徴と言えます。

スポンサーリンク