職場 男性 好意 態度

職場男性の好意ある態度と心理

スポンサーリンク

職場とは非常に狭い限られた場所であると言えます。
しかし毎日顔を合わせる人は同じであり、顔を合わせている時間も長く、親密になりやすいコミュニティであるとも言われています。
とくに男と女といった関係では、職場の同僚、上司と部下といった関係を超え、恋愛関係に発展しやすいとも言われています。
こうした状況下で恋愛に発展しやすいのは、やはり接触とその時間が長いためです。
これを恋愛心理学では単純接触といって、良く見られる人間の行動や心理であると言われています。
職場の男性が女性に好意を持つようになると、その気持ちが態度に顕著にあらわれるようになります。
男性は比較的能動的な動物であるために、好きな女性にできるだけ近づきたい、そばにいたいと考えるようになります。
そのため好きな女性に何かしら用事を作って近寄ったり、会話したりするといった行動を頻繁に見せるようになります。

スポンサーリンク

また職場での飲み会の席などでも、いつも気づけばその男性が好きな女性のそばに座っているといった現象を見ることができるようになります。
また男性は好意を寄せている女性が困っていたりすると、率先して手助けしたり、優しい言葉をかけたりするようになります。
こうした態度をされると、女性側も素敵な男性であると好意を持つようになり、恋愛に発展しやすくなります。
しかし女性側がこうした男の人に好意をもてず、生理的に受け付けない場合もあります。
こうした場合は相手の気持ちを傷つけないように丁重にお断りすることも大事です。
女性の方で断ることが悪いと思って遠慮して受け入れていると、事が難しくなる場合もあります。
つまり、優しさや手助けといった援助行動を甘んじて頻繁に受け入れていると、男の人は自分がその女性に受け入れられていると勘違いし、気持ちが勝手に暴走してしまうことがあるのです。
次第に食事に誘うようになり、それに対して断ると酷く憤慨したり、非常に心を傷つけられたような心理になる男の人もいます。
そのため、あまり気持ちがない男の人の優しさに甘んじるのはやめたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク