嫌い避け 特徴 女性

女性が嫌い避けをする時の特徴

スポンサーリンク

異性に対しての接し方には、「好き」「嫌い」「無関心」といった典型的な気持ちからうまれる行動だけではなく、「好き避け」「嫌い避け」「ごめん避け」といった複雑な感情からくる行動もあります。
好き避けとは、相手のことが好きなのに、恥ずかしいという気持ちや周囲に知られたくないという気持ち、自分に自信がないという気持ちなどから避けてしまう行動をいいます。
嫌い避けとは、相手のことが嫌いなので避けてしまう行動のことです。
ごめん避けとは、相手のことは人間として嫌いではないけれど、男女関係に発展することは考えられないのでそういった状況にならないよう避けてしまうという行動です。
いずれも、相手を避けてしまうという点では同じですが、根本にある感情がまったく異なります。
そのため、相手が出しているサインや特徴を見抜いて、避けられているのはどうしてかを考えるようにしないと相手との関係性が悪化してしまうおそれがあります。
どのような点を見抜けばよいのでしょうか。

スポンサーリンク

女性は、一般的に男性よりも好き嫌いの感情をはっきり出す人が多いので、ごめん避けという行動は出にくいです。
そのため、避けられているときは嫌い避けか好き避けのことが多いです。
もし、感情表現が豊かでハキハキとした女性ならば、感情を隠さないことが多いので、避けられているときは脈なしだと考えてもいいでしょう。
逆に、シャイで大人しいタイプの女性ならば、うまく感情を伝えられないため避けていることも考えられるので、脈ありの可能性はあります。
この場合、嫌い避けを見抜くときの特徴は視線の合う時とそらされたときの目の感じです。
ふとしたときに視線が合うことが多いと感じたならば、好き避けの可能性が高くなります。
視線がそらされるときに、目をぱっと見開いているのも好き避けの特徴です。
逆に、嫌い避けならばそらしたときに目は伏せがちだったり薄目だったりします。
また、女性は声音でも特徴がでます。
好意がある相手には高い声になり、嫌いな相手には低くなる傾向があります。

スポンサーリンク