嫌い避け 男性 特徴 好き避け

好き避け、嫌い避けする男性の特徴

スポンサーリンク

好きな人が自分のことをどう思っているのかというのは、当然、気になります。
仮に恋愛感情まで達していなくても、この人、私のこと好きなのかも、と思った時から、一気に恋愛感情に達してしまうことあります。
ストーカーなんてものが存在する怖い世の中ですから一概には言えませんが、基本的に人は他人から好意を寄せられると嬉しく感じるものです。
しかし、だからといって、私のこと好きですか、なんて聞くことはできないことです。
もし、そんなことしたのならば、人格を疑われてしまう可能性があり、仮に好意を寄せられていたとしても、その感情が一気に逆方向に進んでしまう可能性があります。
もちろん、先手必勝で、自分から好きだと告白することは可能です。
ただ、女性ならば、やはり相手に告白されたいものです。
また、自分から告白するにしても玉砕覚悟の告白ではなく、成就する告白をしたいものです。
ですから、相手が自分のことを好きなのか否か、少なくとも脈があるのかというのを見極めるのが重要なポイントとなります。

スポンサーリンク

男性の行動の特徴の1つに、好き避けというものがあります。
好き避けとは、好きなんだけれども避けてしまうというものであり、多くの場合、シャイな男性の特徴に該当します。
シャイな男性は魅力的に感じられますから、好き避けなんてされると、寂しさを感じる反面、より一層、好きになってしまう可能性もあります。
しかし、深く考えた方が良いと言えます。
好き避けなんて行動は、小学生男子の特徴です。
大人の男性で好き避けなんて行動をとる人は、珍しいと言えます。
ですから、避けられているのだとすれば、それは嫌い避けである可能性が高いと言えます。
嫌い避けとは、ごく当たり前の行動であり、嫌いだから避けるというものです。
嫌い避けであるにもかかわらず、どんどんプッシュして距離を縮めようとすれば、逆に、距離は広がってしまうことになります。
もし、避けられているのならば、それは嫌い避けだと考えるのが無難であり、違うアプローチ方法を考えるのが賢明です。
時間はかかるかもしれませんが、自分のアピールポイントを、無理なく、さりげなく主張した方が良いでしょう。

スポンサーリンク