好き避け メール 男性

好き避け男性を見分けるメールの特徴

スポンサーリンク

好きな男性が自分に対して素っ気なかったり積極的に話しかけてくれなかったり、メールアドレスを聞いてきたのにあまり送ってくれなかったりすると好意を持たれてないのではと心配して落ち込んでしまうことがあると思います。
でももっと行動を観察すると、もしかしたら好き避けかもしれない場合があるため諦めるのはまだ早いです。
好き避けとは相手を好き過ぎて頭で考えていることと心のバランスが上手く取れず本当は仲良くしたいのに真逆のよそよそしい態度をしてしまうことです。
恥ずかしがり屋の男性は自分の気持ちをストレートに出すと嫌われてしまうのではないか、自分を良く見せたいのに自信がない、プライドが高いがゆえに距離を置いてクールな態度を装い男性自身の価値を上げようとしているなど女性には若干理解できない心理状態を男性は抱えているのです。
小学生の男子が好きな女子に意地悪をしたり、何故かいつもからかって周囲に好きな気持ちがバレたら恥ずかしいと思う感情が、大人になってもそのまま残っていたりします。

スポンサーリンク

好き避けかどうかを見分ける簡単な方法がいくつかあります。
まず一番分かりやすいのは視線で頻繁に目が合う、会話中に自分の方を見ている確率が高かったり他の人より笑顔で受け答えしてくれる、自分の話に大きくうなづいてくれたり同意してくれる、大きなリアクションを取ってくれるなど、本人は隠しているつもりでもチェックすると態度に表れているものです。
他には気が付くと隣に居ることが多い、飲み物を飲むタイミングが同じ、会話中に身体が自分の方を向いている場合、好意を持たれていると言えます。
たまにしかメールを送ってこないけれど返信が早い、たいした用事が無いメールを送ってくる、または当日に返信がなくて翌日に遅くなってごめんねメールが届くなども好き避け行動によくみられます。
本当に嫌われていたり興味が無ければメールなんて送ってこないし会話中に目を合わせたりはしないので好きな男性が好き避け行動をしていると分かれば自分から少し積極的に近づいて片想いから両思いへと繋げることができます。

スポンサーリンク