好き避け 女 心理 対処 嫌い避け

女性の好き避けと嫌い避けの心理と対処法

スポンサーリンク

「なんだかあの人に避けられている気がする…」そう感じたことがある方はいると思います。
避けられているから自分は嫌われている。
普通はそう思いますよね。
しかし嫌いだから避けているとは限りません。
好きだからこそ避けてしまう女性が世の中にはたくさんいます。
ではその違いとは一体何でしょう。
まず、嫌い避けについてです。
嫌いな相手に対して人は、早く話を終わらせて立ち去りたい、嫌だな、疲れるな、そんな心理が態度に見え隠れしています。
話を掘り下げない、話している時に目を見ないなどちょっとした「避け」が見えると思います。
これは嫌い避けの可能性があります。
必要最低限話しかけてこないというのも、嫌いだから話したくないという心理からくる対処法であり、嫌い避けの一部かもしれません。
また、話をしている時に腕組をしているのも場合によっては心理的防衛を表し、警戒や拒絶を意味していることもありますので要チェックです。
嫌い避けと気づいてしまったら少し距離を置くことが1番の対処法かもしれません。
すでに相手に距離を置きたいと思われているので、仲良くなるために距離を縮めることが必ずしも良い対処法とは限りません。
たまに好き避けと勘違いをして距離を縮めようとする方がいますのでよく観察して見ることが大切です。

スポンサーリンク

では、好き避けとは一体何なのでしょうか。
嫌い避けと好き避けを見分ける1番分かりやすいことがあります。
その女性を何度か見て、高確率で目が合えば好き避けの可能性が高いです。
好きなのに避けをしてしまう女性は必ず好きな人を目で追っています。
しかし、恥ずかしい、好きだとバレたくないという心理が働き、とっさに目をそらしてしまうのです。
このタイプの女性の特徴は他にもあります。
メールが冷たかったり、2人で会うことをあまり好まなかったりします。
それは自分のことを知られて嫌われたくない、重い女だと思われたくないという心理からきているものです。
そのような女性の対処法は根気よく少しずつ距離を縮めていくことです。
周りにも気持ちを知られたくないという心理も働いているので2人でいる時は意外と話してくれます。
1人でいる時に話しかけてきたりするのでうまくその時間を使うことが1番良いです。
嫌い避けと好き避けの対処は真逆です。
嫌い避けには一旦距離を置く、好き避けには2人の時間を自然に作って根気よく少しずつ距離を縮めて対処してみてください。

スポンサーリンク