女性が嫌いな人にとる態度 

女性が嫌いな人にとる態度の典型パターン

スポンサーリンク

女性が嫌いな人にとる態度として、考えられるものは、次の二種類があります。
一つは、嫌いではあるものの、職場が一緒などの理由でどうしてもうまく付き合っていかなければならない場合の態度です。
もう一つは、そのようなしがらみがなく、思いきり嫌ってもいい場合の態度です。
これから、それぞれのパターンについて説明します。
まず、職場が一緒などの理由で、うまく付き合っていかなければならない場合。
女性が嫌いな人にとる態度は、やはり、それと分からないようにします。
なるべく自分からは話しかけないようにします。
話しかけられても、「そうですね。」「はい。」「へえ。」など、自分からは会話を広げようとはせずに、すぐに終わらせようとします。
普段、明るくてよくしゃべる女性なのに、自分と話すときに極端に口数が少なくなるときは、嫌われているかもしれないと思ったほうがいいかもしれません。
また、食事の誘いを濁すように断ったり、送ったメールに何日も返信しないといった行為も、女性が嫌いな人にとる態度の典型です。

スポンサーリンク

女性が嫌いな人にとる態度の典型パターンとして、今度は、思いきり嫌ってもいい場合について説明します。
よほど優しくてきつく断ることができない女性を除き、女性は、あからさまに嫌いであることを示す態度をとります。
その男性がいる場所をあからさまに避けたり、同じ空間にいても、目を全く合わせないといった行動をとります。
目が合って、向こうから話しかけられるのを防ぐためです。
そのような態度をとれば、ほとんどの男性は、自分が嫌われていることに気づくでしょう。
しかし、それでも、女性の表している嫌悪感に全く気付かず、アピールを続ける男性もいるものです。
すると、女性は、今度は周りの人に悪口を言うなどして、周りから諦めることを説得してもらうように仕向けます。
自ら直接「迷惑だ」と伝えるのは、なかなか難しいからです。
どんな人からであれ、好かれるのは悪い気持ちはしませんから、女性がこのような態度をとる場合、その男性は、よほど嫌われていると覚悟し、潔く諦めたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク