好意を感じる 男性 態度

男性からの好意を感じる態度

スポンサーリンク

一般的には、男性は、女性に対してやさしく接しようとします。
これは、好き・嫌いの問題ではなく、ただ、そうしたいだけかもしれませんし、男たるもの、常に女性にはやさしく接しなさいという教育のおかげかもしれませんし、もしかしたら下心があるのかもしれません。
そのような態度に、自分への好意を感じるかもしれません。
単なるやさしさなのか、好意なのかを見分ける方法は、注意深く観察しないと難しいかもしれません。
中には、簡単に判ってしまうような態度を示す男性もいますが、それは、判ってもらいたいという気持ちが先行しすぎているだけなので、これはこれで、かわいいと思ってあげてください。
男性が女性に表す好意を示す態度の第一段階は、目が合う回数が増えるときです。
ふと顔をあげると、目が合ったとか、他の男性と話しているときに、ちらっと見ると、目が合ったとか、今まで以上に目が合うことが多いと感じれば、まず、好意を持っているといえます。
第二段階は、なんとなく話しかけられる回数や、機会が増えることです。
これは、仕事でもプライベートでも、何でもかまいません。

スポンサーリンク

実は話しかけるのには、近くにいる必要があります。
なんとなく近くをうろついていることが多くなります。
特に急ぎでもなく、自分以外でも良いような頼みごとをしてくるとか、何かしら理由をつけて近づいてきて、話しかけてきます。
大概、この段階で、好意を感じることが出来ると思います。
第三段階では、話しの内容の中に、異性や恋愛に関する質問をさりげなく入れてくることです。
休みに何してたとか、最近どこかに出かけたとか、異性の存在を確認するような質問や、好みのタイプや、どこかに誘うにしても、どの程度ならOKがもらえるかなど、探りを入れてくる態度の場合、ほぼ、あなたに興味がある証拠です。
第四段階は、さりげなく、自慢話をしてくることです。
興味のある女性に対して好感を持って貰いたい、尊敬されたいと考える男性は多いので、自慢話をしてくるのであれば脈ありです。
とくに、あなただけにしか打ち明けたことがないとか、特別の話題であれば、なおさらです。
あなたもその人に好意を感じる場合は、その自慢話を思いっきり持ち上げてください。
きっと、喜ぶと思います。

スポンサーリンク