女性 好意 手伝い 心理 男性

好意の対象となる女性を手伝いたい男性心理

スポンサーリンク

人間であれば誰しもが自分以外の人に対して一度は好意を寄せたことがあるのではないでしょうか。
男性なら女性に、女性なら男性に対して、つまり異性に対して好意を抱くというのはごくごく自然なことです。
男性が女性に好意を抱くとき、どのような心理状態になるのかというと、心理学的な面から語ることは困難ですが,やはり,異性の気を引きたいという気持ちになるのが自然であり,そうであれば、何らかの形で好意の対象となる異性の意識下にもぐりこもうと、もがきたくなります。
具体的にはどのようなことをするのでしょうか、考えて見ましょう。
もっとも分かりやすいのは,好きな子に対してちょっかいを出すという心理ではないでしょうか。
つまり,小学校低学年から高学年くらいの男子が気になる女子にやっているようなことです。
気になる子の意識に、自分という存在を焼き付けたいという、単純明快にして、力強く思いが前面に押し出された態度だということです。

スポンサーリンク

一方、成人かもしくは成人近くまで成長した方の場合はどうでしょう。
考えることがどんどん複雑になってきますし社会でのつながり方等を自らの力で学習したり経験したりする中で、気持ちの表し方も変化してきます。
異性の気を惹くための行為は、相手の意識下に自分の存在を単純に焼き付けることから、意識下に自分の存在を認識させることへと変化します。
つまり、自分というものが好意の対象となる異性にとって、有用な存在であるということを意識させることへ変化します。
具体的には、異性に対する手伝いという形をとるようになってきます。
手伝いというのも、ちょっかいと同じく非常に単純で、手伝いの対象に対する有益な影響をもってその意識下に自分という存在を認識させるもので、好意の態様は違っていても、やっている目的は同じということになります。
より考え方が高度で成熟したものとも言えます。
異性の好意の見分け方としては、ちょっかいよりも手伝いのほうがより大人な好意の表し方であると言えます。

スポンサーリンク