好きな人にとる態度 小学生

小学生が好きな人にとる態度

スポンサーリンク

小学生が好きな人にとる態度には大きく分けて3つあります。
1つめは好きな人に対して冷たくする態度です。
これは小学生が一番とる態度です。
なぜそのようなことをしてしまうのかというと自分の好意に周りの人や好きな人が気づいてしまうのが恥ずかしいからです。
なのでわざと冷たい態度をとり、好意がないように思わせたいのです。
2つめはとても積極的な態度です。
これは自分が好きな人が誰なのかをその相手に伝えたい子がよくします。
それと相手を自分に振り向かせたい子がよくします。
例えば休み時間でも放課後でも遊ぼうと誘ったりしたり、距離がとても近かったりします。
3つめは興味がないふりをする子です。
これも冷たくする子と同じで相手に好意があるということをわからせないためにします。
おとなしい性格の子はこのような態度をすることが多いです。
このように小学生が好きな人にとる態度は様々です。
なのでその好きな人にとる態度によってその子どの接し方も変わってきます。

スポンサーリンク

まず冷たい態度をとる子です。
こういう接し方をする子にはできるだけみんなの前で話しかけるのではなく周りにあまり人がいない時や授業中にわからないところを聞いたり教えたりすることでコミュニケーションをとるといいです。
なぜならこのような態度をとる子は二人きりの時や話さないといけないという口実があるときはよくしゃべるという傾向があるからです。
なので周りに人がいないときに話しかけたり、わからないところを聞いたり教えないといけないという口実を作ってあげると仲良くなることができます。
次に積極的な態度をとる子です。
このような態度をとる子は普通に話すことができるのでどんどん話していけば自然と距離が縮まっていきます。
さらにこちらからもアプローチするととても喜んでくれるので距離がさらに縮まります。
最後に興味のないような態度をとる子です。
このような態度をとる子も冷たい態度をとる子と同じで何か話すための口実を作ると距離を縮めやすいです。
このように好きな人にとる態度によっていろんな接し方があるので注意して接してください。

スポンサーリンク