女性が好きな人にとる態度 職場

職場で女性が好きな人にとる態度

スポンサーリンク

職場は仕事をする場でもありますが、職場恋愛・職場結婚という言葉がある通り、恋愛も盛んな場所です。
そんな職場で、女性が好きな人にとる態度とは、一体どのようなものなのでしょうか。
女性は、自分をアピールしたいけれど、あからさまな態度はプライドや羞恥心が許さないといった葛藤に悩まされています。
これは男性も同じですね。
ですので、女性が好きな人にとる態度は、男性にとって意外と分かりにくい状態で発揮されるのです。
まずは男性が上司で女性が部下、または男性が先輩で女性が後輩といったパターンで検証していきたいと思います。
そのような関係の場合は、例え知っていることでも「教えて下さい、お願いします。」と頼ってくるパターンが多いです。
これは、女性が好きな人にとる態度としては、比較的分かりやすい方かもしれません。
嫌いな男性に、わざわざ話しかけてくる女性はいませんので、これは好意があると思って良いでしょう。
教えて貰うついでに、今以上に仲良くなりたいという気持ちの表れです。

スポンサーリンク

次に、女性が先輩で男性が後輩といったパターンでの、女性が好きな人にとる態度とは一体どのようなものなのでしょうか。
女性の方が立場が強いわけですから、逆パターンよりも少々強引な方法で迫ってくる場合が多いと考えて良いでしょう。
例えば、最近仕事の成果が上がっているから凄いと思っている、おごってあげるから飲みに行かないか…と誘われた場合は、好意があると思って大丈夫です。
さり気なく褒めて男性の気持ちを上げつつ、飲みに行くという仕事外の特別な時間帯のお誘いをしているわけですので、充分に好意があると見てとれます。
先輩という立場を使い、さり気なくリードして、そのまま仲良くなろうという気持ちの表れです。
褒められて嫌な気持ちになる人はいませんので、年上の余裕さえ感じられます。
そして一度プライベートな場所で飲んだりしますと自然と仲良くなります。
しかし、年上や先輩という立場の女性は職場では距離を置きますので、職場で今までと同じ態度、または少々冷たい態度を取ったとしても、好意は持ち続けていると考えて良いでしょう。

スポンサーリンク