部下 好き 態度

部下を好きという態度は時に分かりにくい?

スポンサーリンク

職場で仕事を一緒にする内に、恋愛感情が芽生えるケースはよくあります。
関係性が熟した場合には、結婚に至る事もあります。
部下を好きになった場合の態度で、とてもわかり易いのは、やはり言葉で誘ってくるケースといえます。
職場での時間以外に、夜の食事に誘う、飲みに誘うなどの場合もあります。
始まり、きっかけが、2人きりのランチに誘うというケースなどもあります。
いずれの場合にも、仕事時間以外で、2人きりの場面へ誘うのは、仕事を離れて一歩踏み込んだ行動でもあります。
他にも、仕事の場面でわかり易いのは、部下の失敗を叱責よりも、優しい態度で許す場合には、好きを態度で示している可能性があります。
万一、失敗が多い部下の場合、あるいは特定の人にだけこの様にするのであれば、かなり高い確率で好きという気持ちが働いているといえます。
時間の経過と共に、やがて相手から誘いがある可能性もありますし、逆に相手の出方を窺っている場合もあります。

スポンサーリンク

職場恋愛に慣れている人、あるいは年下の異性の扱いに慣れているという人も存在します。
人によっては、好きな部下に対しては、周囲の目の前で激しく叱責するなどのケースもあります。
叱責は、一対一でも辛い場合がありますが、周囲に人が存在していると、更に辛い気持ちになる事があります。
激しく叱責された事で、恥ずかしいという気持ちが湧いてしまうのが、一般的な心情でもあります。
この気持ちとは打って変わって、もし、叱責してきた人が、親身になってくれた時を想像してみてください。
『あんなに怒っていたのに、どうして優しくしてくれるんだろう』という気持ちになる事があります。
緩急がついた事で、相手の良さを逆に強く感じるケースがあります。
部下がこの様な気持ちになる事がわかっていて、故意に強く叱責するなどの態度に出る人もいます。
これは余程部下との恋愛に慣れている様なケースでもありますが、注意して観察すると、どこかで発生している場合もあります。
好きな人との恋愛を成立させるための、序章ともいえる態度となります。

スポンサーリンク