年下男子 タメ口 心理 好意 サイン

年下男子がタメ口で話す心理は好意のサイン?

スポンサーリンク

恋愛に関しての『好意のサイン』は、実は分かりにくい部分に隠れています。
相手の何気ないしぐさや、口調、行動の中に隠れているのです。
特に、恋愛経験の少ない人は、恥ずかしいあまりその好意を隠してしまいがちです。
今回は、『年下男子の好意のサイン』について解説したいと思います。
分かりやすいものとして『どんな女性が好きか?』に対する答え、という物が挙げられます。
合コンなどでは、頻繁に出てくる質問でしょう。
この時に、年下男子が『年上の女性』と答えたら、脈アリと思っても構わないでしょう。
もちろん、個人名を挙げている訳ではないので100パーセントという訳ではありませんが、年下男子からすれば最大限の勇気を使った答えのはず。
ここでのチャンスを見逃してはいけません。
男子側からすれば、気づいてほしいという心理なのです。
年上の女性が好きな男子は、どこか『女性にある程度恋愛に関してはリードしてほしい。』という願望があります。
そこを、うまくくみ取りましょう。

スポンサーリンク

また、もう1つのサインとして『年下男子がタメ口で話す。』と言う物があります。
では、ここでの心理はどのようなものなのでしょうか。
先述した通り、年下の男性が年上の女性を好きになる場合、そこにはある程度の『年上の経験のある人への憧れ、尊敬』が含まれます。
つまり、経験が無い自分に代わってリードして欲しいという願望があるのです。
しかし、もちろん、男性の中で全面的に女性に頼り切るという人はほとんどいません。
心の中ではそう思いながらも『男なのだから、頼りがいのある人間だと思われないと。』という心理が働きます。
その結果として、タメ口というものが登場してくるのです。
このタメ口によって『あなたの事を信頼して、親しげな口調で話している。』という事と『年下だけれど、自分は頼れる男性である。』という事をさりげなくアピールしているのです。
このように、何気ない1つの行動からでも好意は読み解く事は可能です。
憶えておいて損はない知識かと思います。

スポンサーリンク