年上女性に好意を伝える 方法

年上女性に好意を伝える方法

スポンサーリンク

男女の恋愛に年の差は関係ないとも言えます。
好きになった異性がたまたま年齢に差があっただけで、一緒にデートをしたり結婚して一緒に生活をしても、フィーリングさえ合えば特に問題なく付き合っていけるものなのです。
ただし、親密な関係になるまでの間は、特に女性が5歳や10歳程度年上の場合、いろんなことを考えたりするものなのです。
いろんなドラマや映画でも年上女性が年下男性から告白され、思い悩むシーンが演じられてきました。
告白した側の男性は純粋に好きだという気持ちをストレートに伝えただけなのに、伝えられた女性が「もしかしたら私はからかわれているのではないか?」などと変な方向に思考を巡らせるのです。
自分みたいな年上女性にこんな若いイケメンが本気で告白するはずがないなどと勝手に自分を低く評価してしまうこともあるようですので、思いを伝える男性も、年上女性に好意を伝える場合は、どういう方法が最適かを考えた方がいいと言えます。

スポンサーリンク

年上女性に好意を伝える方法として効果的なのは、「僕はあなたみたいな女性と一緒にいるととても安心出来ます。」というような表現もベターです。
好きだとか愛してるとかいう言葉を並べてしまうと、特に女性の方が年が上の男女の関係の場合は、女性側が素直にその言葉を信じきれないといった背景もあるのです。
また、個人差があるにせよ、ある程度の年齢になっても結婚していない女性というのは、過去の男性経験で何らかの痛手を負った経験がある場合もあります。
そういう場合は恋愛に臆病になっている可能性もありますので、ますます安心感のある男性を求めるようになったりします。
そういう心境のさなかに年下のイケメンからまさかの告白をされた場合、嬉しい反面、ふられた際のショックまで考えてしまったりして慎重になるのです。
従って年上女性に好意を伝える方法としては、まずは相手の女性に安心感を与える方法でアプローチすることがベターだと言えるのです。

スポンサーリンク