男性 好意 無意識 行動

男性が好意を持つ相手に無意識にする行動

スポンサーリンク

職場などで、仕事での関係性は余りなくても、顔見知り程度であると、仕事場でもあるため、行動がパターン化されたものとして認識される場面もあります。
男性が見せる、好意をもった異性に対する無意識の行動には、対象を追いかける視線があります。
目に関する動きは、人はどうしても会話などで視線を合わせる必要性もあるため、用事がない場合には、視線が合う可能性が少なくなるともいえます。
特に、職場や学校など、仕事と勉学という目的をもって出席している場面では、視線の動きは目立ちます。
ふいに顔を上げた時、移動をしながら歩っている時などに、同じ男性と視線がよく合うという場合には、好意をもっている可能性があります。
男性にとってみると、好意をもっている事を故意に視線で示そうとしている訳ではありません。
無意識に対象者の動きに対して、視線が動いてしまい、相手が目線を上げた時に視線が合う形になっています。
やはり頻度が多く視線が合う場合には、対象の存在を強く意識しているが故に、無意識に相手の動きを追っているといえます。

スポンサーリンク

好意のある対象者への無意識の行動には、親切な気持ちが表れたやり取りなどもあります。
男性は、女性と比較すると、恋愛の場面で不器用さが出てしまう事もあります。
しかし、始まりとしては、相手の注意を引いたり、自分に関心をもってもらいたい気持ちも生じます。
敢えてではなくても、対象の異性が近くにいると、ついサポートをしてしまう行動になる、という場面に繋がります。
女性側にしてみると、サポートされた事に対して、意外性をもった表情でサポートを受ける、という場面になる事もあります。
好意をもっている女性への行動で、会話に加わりたがる、というケースもよくあります。
男性側にとってみると、好意をもっている対象でもあるため、ここぞというタイミングになります。
特に顔見知りの関係性、会話ができる関係性があると、相手が会話している場面では無意識に会話に加わろうとしてしまいます。
相手の女性が誰と話していようがお構いなし、という場合もあります。

スポンサーリンク