職場 上司 好意 迷惑 対処

職場の上司の好意が迷惑な場合の対処法

スポンサーリンク

外で働いていると、どうしても人間関係の悩みを抱えることになります。
これはある意味で仕方のないことだからと、割り切っている人が珍しくありません。
しかし、職場の上司に好意を持たれて、それが迷惑だと感じているのであれば、それを放置せず、早急に対処する必要があります。
まず、相手が自分と接するときだけ態度を変えているかどうか確認するようにしましょう。
これは異性が相手だと、等しくボディタッチするという人も時折見られるため、好意を抱かれているというのが、自意識過剰であることもあるためです。
自分だけが特別扱いされているのならば、なるべく二人きりにはならないようにしましょう。
これは職場の上司が相手だから、難易度が高いというのであれば、話をするにしてもプライベートに関する事柄には触れないようにしましょう。
また、迷惑だと感じ、それに耐えられないのであれば、それを別の上司に訴えるなど、必要だと思われる措置を執りましょう。

スポンサーリンク

円滑な人間関係を維持するためには、相手に対し、極力敵対行動を取らないことです。
これは可能な限り笑顔で相手に対し接することを意味しています。
しかし、この笑顔がくせ者となる瞬間があります。
相手が、自分のことを好きだからそうしているのだと勘違いすることがあるからです。
職場の上司がその勘違いをしたのであれば、特定の交際相手が既にいるという風にして、その好意を早めに打ち消すようにしましょう。
相手の勘違いがどうしても治らないのであれば、友人を紹介したりして、興味の対象を別にそらすことも有効です。
このとき、残業に付き合ってくれたお礼だからという具合に、二人きりでの食事に誘われても、極力応じないようにしてください。
単に付き合いのつもりで応じても、それが相手に対し誤ったサインを送ることになる可能性があるからです。
このように、職場の上司の好意が迷惑だと感じたら、早い段階でそれに対処することが大切です。
相手に好意を持っていると勘違いされる場合もありますので、日頃から自分の立ち振る舞いには注意するようにしましょう。

スポンサーリンク