復縁おまじない 新聞紙 効果

新聞紙による復縁おまじないの効果

スポンサーリンク

新聞紙を扱っての復縁おまじないとは、非論理的な話しであり、効果に信憑性を持ち合わせている人もいるかもしれません。
様々な視点から考えれば、信憑性が高まる可能性を高く秘めているのです。
復縁おまじないに限らず、おまじないで大切な事は心が作り出す心的エネルギーです。
心的エネルギーは、消費をするために、様々な形として利用され表に現れやすくなります。
感情として表に現れる事もあれば、出会いを導くエネルギーとして消費される事もあるのです。
新聞紙は、イメージを膨らませ、心的エネルギーを作り出すために最適なアイテムです。
新聞紙の文字は小さく、より集中力を高めてくれるのです。
新聞紙を扱っての復縁おまじないの効果とは、材質としての新聞紙にあるのでは無く読む姿にあると言えるかもしれません。
そのため、効果を高めるのであれば、一通り読んだ後に行う事がポイントです。
この復縁おまじないの論理的な説明は、心的エネルギーを高める事に秘密が隠されています。

スポンサーリンク

新聞紙を扱っての復縁おまじないの仕方は、新聞紙に別れた二人の名前を赤色で大きく書き、それを二日持ち続け、三日目に燃やして灰にします。
これを一週間続ける事になります。
持ち続ける姿は、心的エネルギーを高める効果として理解しやすいかもしれません。
燃やす姿は、二人の姿を消す姿に映ってしまう事もありますが、一度忘れる事が大切なポイントです。
表に現れない心的エネルギーは、空間を飛び越えて、何かしらのアクションを生み出すエネルギーに変わる事もあるのです。
例えば、水の中にストローで息を吹けば、違う場所からブクブクと泡が吹き出す様な姿です。
忘れるとは、空気が逆流しない様にストローに蓋をする様な姿です。
忘れた頃に願いが叶うと言う話は、復縁おまじない意外にもよくある話しです。
復縁おまじないの効果を更に高めるためには、他の事で恋愛に対する心的エネルギーを使ってはなりません。
おまじないの期間は、大切な一週間として冷静に日々を暮らす事も大切です。

スポンサーリンク