既婚者同士 好意 態度

既婚者同士の恋愛、好意や態度

スポンサーリンク

人間はいくつになっても恋愛をする生き物です。
それは既婚者同士でも変わりません。
しかし社会的な信用や立場のある人たちが露骨にそれを楽しんでいたら問題があります。
では、彼らの態度から好意を読みとく方法はないのかと言えば、それはいくつか存在します。
まず、視線を合わせる回数を確認してみましょう。
彼らは自分たちの関係を周りには秘密にしたいと考えているため、日常的に仲良くしていることはありません。
しかし、気がついたら視線を交わし合っているというのであれば、それは互いに好意を感じ合っている証拠となります。
人間は興味や関心のない相手と視線を必要以上に交わすことはありません。
また、休憩中などに、示し合わせたように、一緒にどこかに消えることが多いのならば、それも好意を示すサインとなります。
職場内の人間関係に関心のある人は、既婚者同士だからまさかと思わず、観察を続けてみましょう。
観察を続けることにより変化を見分けられるようになります。

スポンサーリンク

既婚者同士の恋愛となると、発覚したら職場での地位が失われるばかりではなく、互いの家庭が崩壊する危険性もあります。
そのため、互いへの好意を態度に出さないことが多いのです。
しかし、他者に気持ちを悟られる心配のないメールとなると、饒舌になることが珍しくありません。
これは普段抑圧を受けている反動があるためです。
こうした態度は、有給休暇を取るタイミングが毎回一緒という、ある意味で分かりやすいものになることがあります。
周りもそんなに仲がよいとは考えていないため、気付かないのです。
これと似たようなものとしては、残業をするときはいつもすぐ近くにいるというのがあります。
同じ部署に勤めていれば、違和感を感じさせるものではないのですが、毎回そうだと不信感を覚える人もいます。
職場内で問題が発生するのを見たくなければ、気付いた段階で両者にそれをほのめかすようにしましょう。
火事とはボヤの段階で消しておけば、そんなに問題は起きないのです。
既婚者同士の恋愛もそうなのだと意識しておきましょう。

スポンサーリンク