既婚男性 好意 サイン

好意を抱いた既婚男性が出すサインは分かりやすい

スポンサーリンク

既婚男性が誰かに好意を持つことは考えられなくもありませんが、妻がいる立場なので露骨に感情をあらわにできない側面があります。
心理として、後ろめたい気持ちと自分に正直でありたい気持ちが交錯している状態といえます。
既婚男性の置かれている状況にもよりますが、例えば妻も好きだけどあなたも好きといったタイプや妻には愛想が尽きていて淋しい思いをしている場合、意中の人が現れると好意を抱いてしまう傾向にあります。
初めは、会話が弾むだとか趣味が同じなど親近感を持っていた対象がふとしたきっかけで好意を持つことは十分にありえます。
それは、既婚男性にかかわらずどのような人にでも起こる自然な流れなのです。
そして、個人の性格や環境によって変わってきますが、好きな人ができると何とかしてこの気持ちを伝えたいという欲求が生まれます。

スポンサーリンク

既婚男性が誰かに好意を持ったら、分かりやすいサインがあります。
通常は外すことのない結婚指輪をしなくなります。
一般的に結婚指輪は、愛の証として常時指にはめておくものです。
例外を挙げるなら、仕事上の都合で安全面や衛生面などを考慮して外したほうがよい場合があります。
そういった場合でも外すのは一時的です。

 

好意を持つと独身の時のように身軽でいたいという気持ちの表れと家族を養っている身分だという重圧から解放されたい気持ちが指輪を外す行為につながるようです。

 

また、目に見える行動のほかには言葉でもサインが出ます。
例えば、今日は遊びたい気分だとさりげなく言ってみたり好きな子がいるかどうか尋ねてきたりします。
既婚男性は恋愛の末に結婚しているので、男女間の恋愛の駆け引きが上手です。
独身の男性と違って積極的な行動に出るというよりは、女性のほうからアプローチしてもらえるように仕向けることも特徴的です。

スポンサーリンク