メール 返信 速度 好意

メールの返信速度から好意は判断できる?

スポンサーリンク

相手とのコミュニケーションを図るツールとして、今やメールは必須のものとなっています。
それは恋愛においても例外ではなく、恋愛関係を発展させる上で相手と好きな時間に気軽にやり取りが出来るメールはとても重要です。
口下手な人であっても、自分の好きな時間に送りたい内容を好きなだけ時間をかけて文章を作ることが出来るのでメールであれば積極的になれるという人も多いです。
さて、好意をメールから図ることは可能なのかという話ですが、ある程度は相手の好意を判断できる場合もあります。
まず、世間でよく言われている返信の速度が速いと相手に好意を持っている証拠だという事に関してですが、確かに好意を持っている人とは少しでもたくさんやり取りをしたいと思うので、自然と返信速度は速くなるでしょう。
しかし、あくまでも予定が無い場合の話です。
仕事中はもちろん返すことが出来ないですし、優先して行う用事があれば返事は当然遅くなるでしょう。

スポンサーリンク

ですから、ある程度返信速度が速いというのは好意を持っているという判断材料にしてもいいですが、それだけで判断しないようにすることが大切です。
例えば、すぐに返信したいけど、ちゃんと文章を造りたいからと返事が遅くなる人だって居ます。
返信スピードよりも大切なのは文章の内容です。
すぐに返事が来たとしても、短文だったら相手も適当にやり取りしているという可能性もあります。
では、好意を感じ取れる文章の内容とはどのようなものでしょうか。
基本的にはやり取りを続けようという意思が文章から伝わって来るかが大切です。
例えば、相手から何らかの質問が文章に含まれていればこちらからの返事もとてもやりやすいですし、こちらからも質問しやすくなります。
また、こちらばかりが話題を振るのではなくて、相手の女性からも新しい話題を振ってくれたら、やり取りを続けたいという意思が伝わってきます。
また、文章の中に休日は特に予定が無くて退屈していると言った内容が含まれていれば、それは誘ってほしいというサインです。

スポンサーリンク