職場 視線 好意

職場での異性の視線が気になる好意か見分ける方法

スポンサーリンク

職場で異性の視線が気になっているあなた。
その視線が好意なのか、はたまた考えすぎなのか、見分ける方法がいくつかございます。
職場の体制に合わせて実践をしてみてはいかがでしょうか。
1.ボディタッチをしてみる。
好意のある人が視線を向けてきているということは、あわよくば食事などに誘いたいと思っている証拠です。
思い切ってボディタッチをしてみましょう。
相手の反応が表情に分かりやすく出ること間違いありません。
2.相手の目を見る。
次にわかりやすいのが、目を見ることです。
相手が恥ずかしそうに視線をそらしたのであれば好意を持っている確率が上がります。
職場でも気軽にできる行為なのでおすすめです。
3.社内メールで軽く接してみる。
こちらは社内メールを厳正に管理している会社ではお勧めできませんが、社内メールで少し砕けた表現を使用してみてはいかがでしょうか。
「お疲れ様です。
」を「お疲れー」程度に送って相手の反応を見ることで、様子を伺えます。

スポンサーリンク

4.会社の飲み会に誘う。
会社の飲み会は大なり小なり少なからずあるはずです。
社内の飲み会という比較的誘いやすい理由でそれとなく一緒に飲みたいということを伝えてみてはどうでしょうか。
相手にとって個人で誘われるよりも断りやすい状況を作ってあげることで、本心を突き止めましょう。
5.SNSに投稿をしてみる。
相手に直接聞くことができない。
大胆な行動を避けたい人におすすめです。
文字を通して相手に伝えることで、はっきりと相手に伝わるでしょう。
ただし不特定多数の人に投稿を見られることは間違いないので、オブラートに包んで投稿する必要があります。
6.思い切って聞いてみる。
複雑な行動が苦手な方は、思い切って聞いてみるのはどうでしょうか。
ただし職場の人は今後も仕事で関わるため、聞き方は考えた方がよいでしょう。
例えば、「最近よく目が合う」ということを冗談を交えて話してみるのもよい方法です。
いかがでしたか。
相手にそれとなく聞くにも、自分の仕事場のスタイルに合わせて確認をすることが重要です。
それぞれの職場の雰囲気に合わせて相手の意思を確認してみてください。

スポンサーリンク