好意を持たれている サイン

好きな相手に好意を持たれているサインとは?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「好きな相手に好意を持たれているサインとは?」というテーマでお話をしていきたいと思います。
職場や学校、サークル等で、素敵だなと思っている人がいませんか?
例えば会社に好意を寄せている人がいると、毎日出社するのが、楽しみになりますし、毎日の出勤が楽しくなります。
でも時間が経つと共に、相手も自分に好意を持っているかどうか、知りたくなりますよね?
どうやったら好意を持たれているかどうか、わかるのでしょうか?
今回は、そのサインを見分ける方法を一緒に探って行きましょう。
1.気がつくと目が合う事が多い。
職場で、ふと目を上げた瞬間とか、会議中に目が合ってしまうなど、目が合う事が多いとしたら、相手もあなたに好意を持っている可能性があります。
人は好きな人、気になる人のことは、目で追ってしまうものです。
だから、あなたは普段から無意識に目で相手の姿を追ってしまうのですが、目がよく合うのだとしたら、相手も同じようにあなたを目で追っているのかもしれないからです。
今度、目が合ったら、ニッコリ微笑んでみましょう。

スポンサーリンク

2.会話する時に、色々と良く質問される。
二人で会話する機会がある時に、相手が細かくあなたのことを訊いてきたら、相手はあなたに関心があるのです。
「気になる人」→「もっと相手の事が知りたい」→「興味がある」→「惹かれる」と言った感じで、人は段階を経て、異性に惹かれ、好意を持ち、恋をします。
相手はその段階の途中にいるのかもしれません。
あなたも、気になる人の事をもっと知りたいと思っていませんか?
それと同じ心理なのです。
3.一緒に話している時に、似たようなしぐさをされる。
人は、無意識の内に、好意を抱いている相手のしぐさの真似をしています。
仲の良いカップルを観察して頂くと分かるのですが、知らないうちに同じような口調やポーズを取っています。
だから、相手があなたと似たしぐさやポーズをしていたら、相手に好意を持たれているサインなのかもしれません。

スポンサーリンク