人見知り 女性 接し方

人見知りの女性との接し方

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「人見知りの女性との接し方」についてお話をしていきたいと思います。
大人しくて物静か、人見知りをするタイプの女性は、男性から見るとリードして引っ張って行きたいし、口数が少なくて自分の気持ちをあまり言わないため、そこが魅力的に映ります。
ただ、実際に人見知りするタイプの女性と仲良くなるのはそんなに簡単なことではありません。
ここでは実際にどのような接し方をしていけばいいのかをお伝えしていきます。
・挨拶をして打ち解けてもらう
人見知りする女性は、人一倍警戒心が強いため、心を開いてもらえるまで、時間がかかります。
学校や職場で毎日顔を合わせるのでしたら、まずは挨拶から始めましょう。
「おはようございます。」「こんにちは!」「元気?」これらの挨拶は、本来して当たり前のように思われていますが、実は人見知りな女性の心には響きます。
まずは、挨拶から始めましょう。

スポンサーリンク

・女性の趣味や関心事を訊き出す
相手に毎日のように挨拶して、打ち解けてもらったら、今度は彼女の趣味や関心事を訊き出します。
その際、突然、「あなたの趣味は何ですか?」と訊いても、また警戒されてしまいますので、自分の趣味や熱中していること、将来の夢について熱く語りましょう。
自己紹介も兼ねて、自分をある程度知ってもらうことは重要ですし、女性の方でも、あなたがどういう人間なのか、分かるので安心して自分のことも話すようになります。
・相手の趣味が分かったら、それについて調べてみる
人見知りの女性にとって大事なことは、自分の居心地がいい空間を得られることです。
警戒心が強いということは、自分の居場所があるかどうか不安だから生じる心理なのです。
だから、相手の趣味や関心事が分かったら、共通の話題が持てるように、色々調べてみるのです。
自分の興味がある分野の話を出来ると居場所が見つかった感じがして、人見知りでも色々と教えてくれるはずです。
そうやって女性の方からも、自分の事を話せるような空間作りをしていけば、心を開いてくれます。
人見知りの女性との接し方は、一手間かかりますが、誠意を見せれば、女性も応えてくれるはずですので、頑張ってくださいね!

スポンサーリンク