好き避け 嫌い避け 女性 態度

女性の好き避けと嫌い避けの態度の違い

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「女性の好き避けと嫌い避けの態度の違い」についてお話をしていきたいと思います。
皆さんは、職場や学校など身近な所に好意を抱いている女性がいますか?
その女性にもっとコンタクトを取って近づきたいと思っているのに、何故か避けられている気がする。
そういうことってあると思います。
でも何も思い当たる節が無ければ、その女性は好き避けをしている可能性があります。
ここでは好き避けと嫌い避けの態度の違いについてお伝えしていきます。
・二人きりで話しているときの態度
二人きりで話している時に女性が取る態度で見分けがつく事があります。
好き避けの場合は、あなたに対して恥ずかしかったり、周囲の人に好きな気持を知られたくなくて避けているので、二人になるといつもと違った調子で明るくあなたに話しかけたり、自分の事を話し始めたりします。
そこまではっきり態度が違っていなくても、恥ずかしそうにでも、嬉しそうにあなたと会話をするので、その場の雰囲気はいい感じなはずです。
ところが、嫌い避けの場合ですと、二人きりの時でも態度が事務的で冷たい感じがします。

スポンサーリンク

例えば、なにか話しかけても声のトーンが低く、会話を早く切り上げたい感じが伝わってくるはずです。
相手の女性に好意を抱いているのであれば、その微妙な違いにも気づくはずなので、嫌い避けだなと思わったら、深追いしない方がいいでしょう。
・避けた後にフォローがあるかどうか
好き避けも嫌い避けも相手を避けるという点では共通しているので、どちらなのかを見分けるのは困難な時があります。
でも、あなたを避けた後の態度でどちらなのか分かることがあるのです。
好き避けの場合は、あなたに好意を持っているけど、自分に自信がなかったり、恥ずかしくて避けているので、冷たい態度を取った時には、フォローする行動をとる時があります。
心の中で、「さっきの態度は冷たすぎたかな?」と気にしているので、何か質問を作ってあなたに話しかけてきます。
内容によっては、仕事上必要な業務連絡だったりしますが、この場合でもフォローするための行動な場合もあるのです。
だからこのような事が続いたら、もしかして好き避け?と思ってもいいでしょう。
ところが、嫌い避けの場合は、あなたにどんなにぶっきらぼうに接しても、事務的な挨拶しか出来なくても、全然変化がありません。
女性は本来、気持ちがはっきりしているので、如実に態度にも現れます。
はっきり嫌いと言われることはありませんし、そんなことを言う人は社会人として失格ですが、この微妙な空気を読み取って、嫌い避けされていると感じたら、あなたの方も必要以上に近づかないでほっておくほうがいいでしょう。
時として、その女性に対して何も失礼な事をしていなくても、嫌い避けされる場合もありますが、あなたには何も非がないのですから、気にする必要はありません。
必要なやり取りや挨拶に気を付けるようにして、それ以上は考え込まないようにしましょう。

スポンサーリンク