好き避け 男性 心理

好き避けする男性の心理

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は「好き避けする男性の心理」についてお話をしていきたいと思います。
皆さんは、好き避けとは何かご存じですか?
好き避けは好意を持っている相手を理由があって避けてしまう行為を指します。
その主な理由は、「相手に好きな気持ちが伝わると嫌われてしまうかもしれない。」「照れくさくて実際に顔を合わせると避けてしまう。」「男のプライドが邪魔をして素直になれない。」などです。
このように、男性も実は恋心に悩んでいることが多いのです。
どちらかと言うと草食系男子の心理かもしれません。
そして、こんどこそ頑張って声を掛けてみようと思っていても、いざその時になると、「駄目だ。照れくさい。」という心理状態を繰り返してしまうです。
よく目が合う途端に、逸らす男性が身近にいませんか?
でもその割には頻繁に目が合う。
こういうことが続く場合は、あなたに好意を持っていて目で追っているのだけど、目が合った瞬間に恥ずかしくて逸らしてしまっているのです。

スポンサーリンク

ですので、好きになった男性が、やけに素っ気ない態度を取るなと思ったら、それはあなたの事が好きで避けているのかもしれないのです。
だから、好き避けされていると分かったら、笑顔で挨拶したり、話しかけてみましょう。
最初は冷たい態度を取られるかもしれませんが、続けていると徐々に好き避けする男性でもあなたと話すことに慣れていきます。
そうすると心を開いて、あなたと会話をするようになっていくはずです。
また、LINEやメールを使って週末などにも連絡を取るのも効果的です。
内容はそんなに考えこむ必要はありません。
「今日はケーキを焼きました。今度差し入れしますね。」とか「○○まで散歩に行ったんだけど、気持よかったよ。」など、ごくありふれた自分の近況を伝えていけば良いのです。
好き避けする男性でも、このようなやり取りを通して、自分の事を少しずつ語るようになっていきます。
つまり、あなたと一緒にいる時間が楽しいという気持ちになってくれれば、自然と心を開いてくれるようになるはずです。
このように好き避けする男性の心理は実はそんなに複雑ではないのです。
そしてその謎を紐解く鍵を握っているのはあなたかもしれません。

スポンサーリンク