好き避け 女性 告白 方法

好き避けする女性に告白する方法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「好き避けする女性に告白する方法」についてお話をしていきたいと思います。
皆さんは、学校や会社などで密かに好意を持っている女性がいますか?
毎日のように通っている場所では、顔を合わせる機会が必然的に多くなるので、ある事がきっかけで恋心を抱くことはよくあると思います。
でも、こちらの思いに反して、相手の女性に素っ気ない態度や事務的な態度を取られてしまうと「脈なし」と思い、そのまま諦めてしまうこともあるのではないでしょうか?
本当に脈なしかどうかは、実際のところ、分からないですよね?
何故なら最近、好き避けする男女が増えてきているからです。
好き避けとは、ある理由があって、好きな相手を避けてしまう行為を指して使われる言葉です。
ここでは、この好き避けする女性がどんな態度を取るのか、具体例を挙げてお伝えしていきますね。
1.気が付くと目が合う
好意を抱いている女性に挨拶しても話しかけても、どことなく避けているような態度を取られるのに、ふとした瞬間によく目が合う。
こういうことがよく起こるのでしたら、相手の女性に知らない所で見つめられている可能性があります。
だからあなたの方でも視線を感じて目を上げるとその女性と目が合ってしまうのですね。

スポンサーリンク

そういう場合、好き避けする女性は、すぐに視線をそらします。
でも、あなたへの好意を抱いているから、またあなたのことを気づかないように見つめるのです。
2.たまたま二人きりの時に、明るく自分のことを話してくれた
職場や学校で一緒の場合は、接する機会が多いので偶然二人きりになる時もあります。
そんな時に、女性がいつもの態度とは打って変わって明るい調子であなたと会話してくれるようでしたら、普段の態度は好き避けだったのだと分かります。
好き避けする人は周囲の目を気にして自然に振る舞えなくなることがあるのです。
だから、好きな人には不自然に冷たいような態度を取ってしまうのですね。
このような態度から女性が好き避けしていると分かったら、あなたの方から積極的に話しかけていき、接する機会を増やすようにしましょう。
好き避けする人は自分からはストレートに好意を伝えることが出来ないため、相手からアクションを起こしてくれるのを待っているようなところがあります。
最初は、いつも通り、事務的な態度しか取らなくても、あなたと話す機会が増えれば、徐々に心を開いて自分のことを話してくれるようになります。
そうすれば、二人で何処かに行く約束だって出来るはずです。
このような方法で二人きりになるところまでたどり着いたら、告白するのに適したロマンチックな場所で正直に気持ちを伝えればいいのです。
きっといいお返事がもらえるはずです。頑張って下さいね!

スポンサーリンク