ごめん避け 女性 特徴

ごめん避けする女性の特徴

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「ごめん避けする女性の特徴」についてお話をしていきたいと思います。
勤務している会社や毎日通っている学校に、好意を抱いている女性がいますか?
男性も女性も好意を持つと相手に話しかけて接点を持ちたいと思うはずです。
それは人としてごく自然な心理です。
でもそういう時に相手の態度から異性として好意を持たれているのか、それとも単なる友人として好意を持たれているのか、区別がつかない事があると思います。
特に女性は心の中では気持ちがはっきりしていますが、社会生活において好き嫌いをはっきりさせるのは良くないこととされているので、気持ちを曖昧にしか、表わさない人が多いと思います。
そういう場合、男性の方で女性の気持ちを理解することが大切になってきます。
人間としては尊敬しているし、普通に接する分には何も問題がないけど、男女の間柄になるつもりはなく、あなたを避けてしまうごめん避けをしているのか、それとも本当に男性として好意を寄せられているのかを判別する必要が出てくるのです。
ここではその違いについて特徴を挙げながら、ご説明していきますね。
・何処かに誘っても曖昧にされる
普段から接する機会がある相手ですと、休み時間を利用して好きな相手と話すこともあると思います。
そういう時、週末何処かに一緒に行くことをあなたが提案して誘っても、予定が入っていることを理由に断られたり、他の共通の友人や同僚と一緒に行くことを逆に提案されてしまう場合は、ごめん避けされているのかもしれません。

スポンサーリンク

ただ、人見知りや好き避けする女性ですと、1回めのデートの誘いには良い返事をしませんが、あなたと話す機会が増えて打ち解けると2回め、3回めの誘いには乗って来ることもあります。
ですので、様子を見ることが必要になってきます。
何度誘っても、やんわり断られたり、曖昧にされる場合はごめん避けされている可能性が高いので、それ以上期待しないほうがいいでしょう。
・メールやLINEで連絡しても事務的な返事しか来ない
メールアドレスやLINE交換をすると、良いチャンスだと思って自分の近況や週末の過ごし方など訊くこともあるでしょう。
そういう時に、問いかけへの答えしか返事がなかったり、返事の内容がなんとなく事務的な感じがする時は、相手はあなたをごめん避けしているのかもしれません。
別に友人や同僚として、接する分には何も問題はないけど、異性として見ることは出来ないと思っていると女性はその気持ちをメッセージの内容に伝えてきます。
逆に以前から女性の方でもあなたのことが好きだったけど、言い出せなかった場合は、あなたと楽しくやり取りをするという特徴があります。
こういう場合は、お互いに質問し合ったり、自分のことを伝えてくるので相手が楽しんでいる気持ちが伝わってくるはずです。
ですので、こちらから数回連絡を取ってみて、相手の女性が歯切れが悪い返事しかして来なかったら、ごめん避けされていると悟り、諦めたほうがいいでしょう。
でも、人として誠実な対応をして仕事にも打ち込んでいれば、そんなあなたの姿を見て一人の男性として好意を寄せる女性が現れるはずです。
だから、ごめん避けされてがっかりしても、そんなに落ち込まずに前向きに捉えて先に行きましょう!

スポンサーリンク