嫉妬避け 男性 態度 気持ち

嫉妬避けをする男性の態度と気持ち

スポンサーリンク

好き避けの一パターンとして挙げられるのが、嫉妬避けです。
嫉妬避けは嫉妬がベースになった好き避けであり、男性にも多く見られます。
概して男性は女性が考えているよりも嫉妬深いのが常です。
他の男性に対して競争心が強く、恋愛の場面では特に態度に現れます。
ですが、最近ではそのような嫉妬の気持ちを秘かに隠すケースが増えているため、一見自分が好かれているのかどうか分からないことがあるのが問題です。
嫉妬避けの場合には、そういった態度を示す前に何らかの出来事があることがほとんどです。
他の男性と親しくしているのを目撃したり、付き合っている彼がいることが分かった時点で、嫉妬避けが始まります。
こういった態度は言わば好きな気持ちの裏返しであり、避けられている時には敢えて追い掛けずにそっと静観する方が、概してプラスです。

スポンサーリンク

嫉妬避けをしてしまう男性は、少なからず自分に自信が持てない部分があるのが常です。
何らかのコンプレックスを抱えていたり、正面切ってのアプローチが苦手であることが多く、子供が拗ねた時のような甘えが根底にあります。
ですので、そういった彼と仲を進展させたい場合には、女性側が少し大人になることが必要です。
避けられても平常心を保って、自然に振る舞えば徐々に相手も警戒心を緩めます。
こういった態度をとる場合、当人の心の中はかなり複雑です。
避けてしまったことに対しては自己嫌悪の感情を抱くのが常であり、益々自信喪失といった悪循環に陥ることもあります。
自分の感情を無視することで気持ちの安定を保とうとする場合もあり、傍目には非常に分かりにくい態度を示すのが一般的です。
このような相手の気持ちを理解して、ベストなタイミングを読むことが恋愛成就のコツと考えられます。

スポンサーリンク