好き避け 職場 飲み会 男性

職場の男性の好き避けは飲み会で分かる

スポンサーリンク

人には、理性と感情と呼ばれる天秤にかけた様な間柄の仕組みがあります。
一般的に、女性は感情に傾き易く、男性は理性に傾き易いと言われています。
この仕組みと言うのは、頻繁に利用して行く事で、理性が強くなったり、感情が強くなったりする事もあります。
男性における職場の好き避けは、好きな異性と接触する事によって感情が強くなりすぎて、理性がコントロール出来なくなってしまう事でその様な行動を取ってしまう事もあります。
つまり、強すぎる理性が感情を強く抑え込もうとする働きが、他の器官にも影響を与え、自分自身の行動に強い抑制力が生じてしまう事もあります。
飲み会などに誘う事によって、職場で抑え過ぎた理性を弱め好き避けが起こり難くなり、本心を引き出し易くさせる事が可能になります。
ただし、飲み会では、必ずお酒の力を必要とします。

スポンサーリンク

男性自身が、自分自身の心の葛藤を理解している方であれば、自らお酒の力を借りて興味のある異性と近い場所を求める事があります。
ただし、自分の感情をよく理解していない場合や、始めての場合は、好き避けが起こり、リラックスできる場所として興味を抱く異性から最も離れた場所を望む場合もあります。
お酒の力によって、理性が弱まれば、感情や本能を抑えている理性の力が弱まり、感情が理性をコントロールしようとします。
感情と言うのは、快感を求める物であり、話したい欲求が満たされる事によって快感が強まって行く事もあります。
興味を抱いている男性に好印象を持ってもらうためには、他の男性からリサーチを行ない、趣味などの話題を作り出しておく事が効果的と言えるでしょう。
本当に好きな女性であれば、感情を抑える理性が弱まっているため、感情が作り出す笑顔になる事もあります。
これらの内容を繰り返して行く事によっって、職場でも自然とコミュニケーションが取れる様になり、好き避けが起こり難くなる事もあります。

スポンサーリンク