好き避け メール 返信 遅い

メールの返信が遅い男性は好き避けしてる?

スポンサーリンク

すごく好きな女性に対して、全く興味がない態度をとったり、素っ気なく接したり、自分の感情とは裏腹な行動をしてしまうのが好き避けです。
小中学生くらいの頃、大好きな女子をわざとからかったり、嫌がるような言葉を投げつけたり、今考えるとなんて失礼極まりない事をしてしまい子供じみていたのだろうと思う人がいるでしょう。
それはまだ、精神的に恋愛の感情にどう対応するべきか分からず、ただ気を引きたい、注目してほしいという気持ちの表れだったのです。
大人になって好き避けをしてしまうのも根本的には子供の頃と何も変わっていないといえます。
好きだと意識し過ぎて、どんな振る舞いをしたら好きになってもらえるかを考えているうち、こんなことを言ったら嫌われるかも、いざ話しかけても会話が続かないのではという不安から普段の自分とは違う緊張感に襲われ素直に行動できなくなっているのです。
遅い返信のメールにもその傾向を見ることが出来ます。

スポンサーリンク

メールのやり取りの際、あまり早く返信すると好意があることがバレてしまうのではとか、暇なのではとか、ガツガツしているように思われるのも心外な為、わざと遅い返信をし、駆け引きの手段として使ったりします。
好き避けなのか、本当に興味がないかの見分け方は、メールをした時、当日または翌日に返信があれば嫌われてはいないはずです。
翌日の返信は、当日に返すよりは翌日の方が二日間にわたりメールが出来ると考えての作戦の場合も考えられます。
好意があると見てとれる行動は、普段素っ気ないのに、他の人が話している話題に笑う時や、うなづく時などに何回も目が合う、自分が話したことに共感してくれる、自然と身体の向きが自分の方に向いている、さりげなく隣に居るなどの場合、確率が高いといえます。
好き避けをしてしまう男性の視線を観察していると好意があるかどうかが分かるものなのです。

スポンサーリンク