好き避け 男性 特徴 メール

好き避けする男性のメールの特徴

スポンサーリンク

好き避けをする男性は少なくありませんがそもそもなぜ好き避けしてしまうのでしょうか。
それは好きな人であればあるほど接したときに緊張してしまい、嫌われないようにするための対策が避けることしかないといったときに発生してしまうのです。
性格的にシャイだったり緊張しやすかったりしない限りは交際も順調にいくはずですが、世の中の全ての人がコミュニケーションを得意としているわけではありません。
特に日本人の場合は内気だったり恥ずかしがり屋さんが多いので、人と接するということが単純にはいかない傾向にあると思います。
ではメールの場合、好き避けする男性においてはどのような特徴がみられるのでしょうか。
上記のように、実際に会うとなれば避けられるかもしれませんが、メールであれば時間をかけて返事を送れる、つまり自分の思っていることや気持ちを整理して返事ができるわけですから実際に会った時ほど極端に避けられるということはないでしょう。

スポンサーリンク

実際に会う時よりかは返答があったり、話題の数が多いと思います。
メールの場合は会話の「跡」が残りますし、返信しなければ罪悪感も生じます。
なので、逆に実際会話をするよりも何かしらの変化があります。
そして実際に会った時とのコミュニケーションややりとりの違和感こそが好き避けする男性の特徴なのです。
普段は避けられるけれども、メールしてみると意外とコミュニケーションが図れるといった感覚であれば、間違いなく好き避けでしょう。
メールに限りませんが、コミュニケーションの方法を変えてみると関係性が深まることは有りえます。
当然、その場合はそのコミュニケーションの方法でやり取りをしてみるべきです。
そうすれば、その方法から関係性が深まり、実際に会った時の壁を取り払えると思います。
そのためにもまずはこの「違和感」にアンテナを張っておくべきでしょう。

スポンサーリンク