職場 女性 好意 サイン

職場女性が見せる好意サインとは

スポンサーリンク

女性はよくまったく何とも思っていない男性にも、男性からは一見すると自分に好意を持っているのではないかと勘違いしてしまいそうな言動をする傾向があります。
男性からは分かりづらい女性の行動ですが、実はちゃんと好意を持っている男性にはサインを送っています。
それは職場での恋愛でも同じです。
まずはじめに、女性は男性と違って好きでもない人に触られることを嫌がりますし、ましてや自分からどうでもいい男性に触れたいとは思いません。
つまり、もし女性側からのボディータッチがよくあったり、その長さが長いときはあなたへの好意のサインとみて間違いないです。
また、人は好きな人の話を聞くことや一緒に話すことは楽しいと感じる生き物です。
このため、あなたの話をよく聞いてくれたり、話に笑顔で相槌を打ってくれることなどが多ければあなたに好意を持っているといえます。

スポンサーリンク

女性は好きでもない男性のプライベートの事など聞きたくもないと思っています。
もし、職場であなたにプライベートなことを聞いてくるような女の人がいたら、あなたに気があると思っていいでしょう。
職場という周りに人がいる環境で趣味や休日のことなどを聞いてきたりするのは、間違いなくあなたを男性としてみている証拠です。
好きな男性には可愛い女の人と思ってもらいたいものです。
どんなに豪快な人でも、なんとなくモジモジとしていたり小さな声で恥ずかしそうにしていたら、あなたに可愛いと思ってもらいたいという心理が働いている可能性があります。
また、男性と話すときによく笑うだけでなく、髪の毛を触る仕草をするのも脈ありのサインのことが多いです。
女の人は、好きな男性に髪を触って欲しいという欲求があり、これが実現できないときは無意識に自分で触ってなだめるという行動をするからです。

スポンサーリンク