好き避け 二人きり 心理 男性

二人きりの時に好き避けをする男性の心理

スポンサーリンク

男性で、恋愛をしたいけれどもあまり積極的になりきれないという人もいます。
みんなでいる時には全く態度に変わったところは無いのに、二人きりになった途端に好き避けをしてしまうという男性がいます。
好き避けというものは、相手に対して好意があるにも関わらず、あえて避けてしまうような態度を取ることです。
このような態度を取ることの裏側には恋愛に対して、気恥ずかしいという心理があるのです。
ですから、決して、相手を嫌っている訳でもないですし、ただ単に避けている訳でもありませんので、注意が必要なのです。
基本的に、二人きりになってしまった時には、お互いに緊張感が出てくるものです。
ですので、心理的には、緊張感や、気恥ずかしさが一層増してしまうのです。
ですから、男性で、二人きりになった時に好き避けをするという事は良くあります。

スポンサーリンク

男性で二人きりになった時に好き避けをするという時には、女性側は、徐々に相手の気恥ずかしさなどをほぐしてあげるようにすることがいいのです。
完全に気恥ずかしいという気持ちを無くしてあげる様にする事は難しい事です。
しかし、それは不可能ではないのです。
徐々に、二人きりになった時にも軽い会話をするなどをする様にしておくといいのです。
そうして、徐々にお互いが自然に接することが出来る様にしておくことがいい事なのです。
いきなりすべてを変えることは無理です。
そして、それは難しいことなのです。
ですので、徐々に気恥ずかしさにならしてあげるようにする事をして行くのがいいことなのです。
それには、ある程度の時間も必要です。
ですから、じっくりと、徐々に、少しずつという事を心掛けて、お互いの距離を近くしていくようにするのがいいのです。

スポンサーリンク