男友達 脈あり サイン 態度

男友達の脈ありサインと態度

スポンサーリンク

異性として気になっている男友達がいるとします。
その男友達ももしかして自分の事を気に入ってくれているのではないか、でも確信が持てないといった状況のときの為に、男友達の「サイン」と「態度」に分けて考えてみたいと思います。
まず「サイン」についてです。
基本的に男性というのは単純な思考を持っています。
気になる人であれば「チラっと見る」人が大半を占めます。
気づかれないように見る人もいれば、堂々と見る人もいます。
友達達と大人数でいるときにはその「サイン」が分かりにくい場合もありますが、少しでも異性として意識しているのであれば「近づきたい」という心理が働く為、自分では意識していなくとも自然と目が気になる人に向いてしまうのです。
他にあえてよそ見したりと「目」の動きは感情を読み取るのに一番わかりやすいサインです。

スポンサーリンク

では次に「態度」の面で考えてみます。
男友達が自分を友達ではなく女性として意識している場合=彼女にしたい、付き合いたいという気持ちが心に少なからず芽生えています。
そして女性側も意識しているという気持ちが男友達の中で確信出来たら「話しかける」「電話番号を聞く」「誘う」といったステップで本当に脈ありかどうかを確かめる行動に出ます。
誘うアクションを起こした時に、「2人で」と付け加えられたら明らかな脈ありです。
もしも、他の友達も一緒に遊ぼうと誘われた場合は、まだ女性側の気持ちが分からないか自信がないかのどちらかです。
その場合は目線や振る舞い、表情に意識して彼を観察します。
それでも分からなければ女性側からしかけてみるのも一つの作戦です。
相手が照れているかどうかを会話の中で探ったり、女性側から「2人になりたい」と大胆に誘って反応で確かめるといった方法もありです。

スポンサーリンク