女性 好意 サイン 勘違い

勘違いもありえる女性が好意を表すサイン

スポンサーリンク

女性が好意を持っている男性に表す態度やサインは多くあり、相手の方をよく見ることがまず第一にあります。
目が合うと顔をそらす態度は、控えめで恥ずかしがり屋な人には多く見られます。
積極的な人は目が合うとにっこりすることなどが挙げられます。
直接向かい合うのは恥ずかしかったり慣れていない場合、横に近づくことが好意が感じられるサインの一つです。
大勢で席に座る場合など、相手のすぐ隣や真向かいは避け、斜め前や90度の角度で接する場所に位置する行動がよくあります。
相手の横や斜め前に位置することは、相手の視界からはずれるためある程度安心感もあり、しっかり横顔を見られて人となりを探りやすい、時々は自分の方も見てもらえるような好位置と言えます。
控えめすぎてちょっと男性には分かりにくい態度でも、端から見ている女性には気づきやすい行動と言えます。

スポンサーリンク

注意しなければならない点は、異性が勘違いしやすいしぐさも多々あることです。
よく見られていたり、常に笑顔で接したり、感じのいい態度から好意が感じられ、相手から好かれていると思っていたが実は勘違いだったという男性は多くいるものです。
好ましい態度は、女性にとっては社交辞令、マナーや誰にでもすべきものという認識さえあります。
人は誰でも自意識過剰な面があり、男性は比較的その傾向が高い特徴があるため、誤解が生まれやすいと言えます。
女性は異性に勘違いされやすいサインをなるべくしないことが、誤解を避け、余計なトラブルを生まないコツになります。
男性に勘違いさせやすいサインは、何と言ってもボディタッチです。
女性が嫌いな異性の体に自ら触ることはほぼないため、相手に触るだけで相手に心を許している、強い好意を持っていると思われても仕方ありません。
挨拶や笑顔で接することは会社の人間関係を良い状態に保つために必要なことですが、必要以上のボディタッチは控えるようにしましょう。

スポンサーリンク