男性 話しかける 好意

男性が話しかけるのは好意のサイン?

スポンサーリンク

男性の分かりやすい好意のサインとして挙げられるのが、自ら話しかけるという行動です。
話しかける行動は、相手と積極的に関わりたいという意思表示と考えられます。
オープンな性格の男性が多い欧米で典型的な好意のサインとして認識されているのが、この手の行動です。
日本人の場合はややシャイなタイプも存在するため、実の所判断に迷うケースもあります。
合コンなどの多数のメンバーが集まる場では、積極的に話しかける男性がその女性に好意を持っている可能性が高くなります。
こういった場では他のメンバーがいることで気持ちが緩み、思い切った行動がとれる男性が増えるのが常です。
競争心も少なからず煽られるため、行動を起こすモチベーションも遥かにアップします。
席を移動してくるなどの行動が見られたら、ほぼ好意を持たれていることは確実です。

スポンサーリンク

一方、二人きりになった時には、日頃積極的な男性にも違った一面が現れてくることがあります。
接触の密度が濃くなることで一定の緊張感が生じることから、普段饒舌なタイプでも、口数が少なくなることがあるのがこのようなシーンです。
ドライブ中やイベントなどの待ち時間には、特に気まずい沈黙がおとずれることがあります。
ですが、このような沈黙は概してプラスのサインです。
余り気のない相手に対しては、特に緊張感も感じることがないのが男女共通の傾向です。
ですので、何らかの緊張が漂うことは一つの脈ありサインとして捉えることが出来ます。
むしろデート中会話が途切れないといった場合は、自分や相手が無理をしている可能性があるため注意が必要です。
従って、女性は相手の口数だけで状況を判断しない方が賢明と言えます。
自分の感覚を信じることが大切です。

スポンサーリンク