職場 好意 勘違い 男性

職場の男性に好意があると勘違いされる行為

スポンサーリンク

男女の出会いで最も多いのが職場での出会いでしょう。
毎日顔を合わせていたり、同じ職場である事で普段の様子が良く分かる、会話になりやすいためお互いに理解しやすいと言うメリットもあります。
しかし、逆に職場のだがらこそのひょんなことから男性に好意があると勘違いされてしまう行為もあります。
例えば女性の方が一般的に周囲を良く見て判断、行動していると言われ、男性社員のサポート役になることも多いでしょう。
そんな時、例えば他の仕事で忙しいのに、男性から頼まれた仕事を優先する、相手が忙しそうな姿を見てこちらから手伝いをオファーする、お茶やコーヒーなどを差し入れするなど、女性からすれば気を利かせたつもりの行為も男性に好意があると勘違いされがちとなります。
自分を見てくれている、特別扱いされているのではと相手に思わせる事が1つの原因と言えるでしょう。

スポンサーリンク

もちろん職場で好かれることは円滑な人間関係にとって重要な事であり、特に1日の大半を過ごす空間であるからこそいい関係を築きたいものです。
しかし勘違いされては逆に仕事に影響が出てしまう恐れもあるでしょう。
好意があると勘違いされないながらも職場でいい関係を築く為には、人によって態度を変えない事が一番大事です。
少し仲良しな男性社員にはにこにこ挨拶をし、他の社員にはツンとしていては勘違いされても仕方ありません。
上司であれ同期であれ、態度を変えずに自分のカラーを貫きましょう。
気を配ったつもりで飲み物を差し入れするなら1人ではなく周囲の全員に配る、忙しい時に声を掛けられたら失礼がない様に急ぎであるかを確認し、自分の急ぎの仕事を優先してよいかを尋ねる等、好かれようとばかりせずに失礼がなく誰にでも平等に接することが大切だと言えます。

スポンサーリンク