好意をもって接することに嫌気がさす

好意をもって接することに嫌気がさす方へ

スポンサーリンク

もし好きになった異性がいたら、色々なアプローチをすると思います。
恋愛というのは相手があっての事ですので、自分の思い通りに行くとは限りません。
時には積極的に行くことが逆効果に陥ることもある場合があります。
そうなると好意をもって接することに嫌気がさす気分になります。
ただ実際は完全に嫌われているのではなく、アプローチの仕方に問題があることが多々あります。
方法さえ間違わなければ全く違う結果になる事も少なくないのです。
昔から「物は言いよう」ということわざがあるように、同じ好意を伝えるという行動にも相手に合わせたやり方というのがあるわけです。
いくら努力をしていたところで結果的に相手が嫌がるような方法では結果に結びつかないどころか悪い結果になってしまうこともあるのです。
相手の性格をできるだけ正確につかみ、それに合う方法でアプローチしましょう。

スポンサーリンク

とはいっても相手なんて千差万別で方法は無制限になってしまうのではないか、という心配は無用です。
もちろん個人差というのはありますが、好意をもって接することに嫌気がさすような相手の場合は自分のアプローチに相当の問題があるか、あるいは相手の人間性にかなりの問題があるか、そのいずれしか原因はありません。
後者であるなら、いっそ見切りをつけて次の異性を探す方が賢明です。
無駄なことをしても自分自身を消耗してしまうだけです。
前者が原因であると思うのでしたら、出来るだけ今までの言動などを思い出して何か問題があったのではないか、と検証してみるのが有効です。
冷静に見てみれば気遣いが足りない、自分本位で相手を思いやろうとしない、という点に集約されるのではないかと思います。
積極的にアプローチは良いのですが、それが相手にとって本当にプラスになっているか、相手を思った行動になっているかを考えてアプローチし直してみるのも一つの手です。

スポンサーリンク