美容師 好意 サイン

美容師が相手に出す好意のサイン

スポンサーリンク

美容師の仕事は接客であるため、コミュニケーション能力が高く非常に話し上手な方が多いです。
そのため好意を持たれていても本心を確かめることが難しいことが多いです。
そこで、好意を持ってくれている美容師の方のサインを説明したいと思います。
美容師とはいっても職業柄で、人柄や性格は人によって違います。
中には美容師でも話すことが苦手だったり、無口で淡々と作業をこなす方も多いと思います。
ですが、髪を切る仕事であるので、お客様の全体を見ているのも事実であります。
そのため、相手の気持ちや行動を敏感に察知することがあります。
ですので、相手のしぐさや細かい部分もすごく見ています。
例えば、前の来店のときに比べて、服の好みが変わったことやネイルが変わったなどといった細かい部分も気を使って話してくることがあります。
こういったことに気が付いて話してくれるのはもちろん職業柄ということですが、こういったこと以外にも好意があればより掘り下げてくると思います。

スポンサーリンク

好意があれば掘り下げて話してくると説明しましたが、より掘り下げる話としてはどんなブランドの服を着るのかやどのようなところに買い物に行くのか、好きな男性の好みの服装やタイプなど詳しく聞いてきたら、職業柄だけではないと考えられ、自分を意識していると考えられるサインなのではないかと思います。
これら以外にも髪の毛を切りながら、ボディタッチをしてきたりすることも可能性として考えられます。
例えば、髪の毛を切っている時にはさみを止めて顔が近くなって話をしてきたり、シャンプーなどをするときにヘッドスパやトリートメントを長時間行ってくれたり、耳元で話をしてきたりしたら好意があるサインであると思われます。
それからお会計のときに、割引や値引きをしてくれたり、会話をより盛り上げてくれたりすることもこういったサインの一つであると考えられます。
もちろんまた美容院を利用してもらいたいと思っているからなるといった行動もありますが、このような行動がでたら好意があると思ってよいと考えられます。

スポンサーリンク